トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月26日 (水)

モノたちの紹介 燭台

古い木の燭台です。

023

024

STOCKMARの100%蜜ろうキャンドル付き。

ホッコリ温かみ溢れる燭台とキャンドルのセットです。






■「朱色堂akairodo古道具店」
180-0003
武蔵野市吉祥寺南町1-8-11弥生ビル3F
クワランカ・カフェ内
営業時間:11:30~23:00
TEL:0422-24-6455
定休日:月曜日(月曜祝日の場合は営業)
http://qwalunca.com/
http://akairodo.cocolog-nifty.com/blog/

|

2014年2月25日 (火)

古家具で住育

我が家の家具は
その大半が古いモノ。
昔の建具
昔のたばこ屋さんのショーケース
昔の本箱
昔の棚・・・などなど。
そしてその素材は
木と並んで結構ガラス率が高い・・・。

特に建具。
家の顔にもなりうるので
リノベーションをする時に
一番探すのに燃えたのが建具。

Tate1

Tate2
光をしっかり採り込み
圧迫感なく部屋を優しく仕切れるもの
という観点で探すと
必然的にガラス面積が広くなる。
美しいダイア柄に惹かれて
この建具を我が家のメイン建具にしようと決めたとき
真っ先に頭をよぎったのが
その当時まだ1歳半だった息子のこと。
まだモノの分別がつかない子どもに
この広々としたガラス板は
格好の破壊対象になってしまうのではないか・・・。
特に日本の昔の建具は作りが繊細なので
(ガラスも木枠も薄いので
反りを直したりする作業に大工さんも手間取ってしまったようです)
小さな子どが無邪気にモノで叩いたくらいでも
きっとすぐに割れてしまう。

でもなぁ
かといって、”子どもに壊されないもの”を優先して
家具を選ぶのも何だか味気ない・・・

そんなとき
お気に入りの建具を見つめながら
考えあぐねている私たち夫婦を見て
古家具屋のお姉さんは優しく言った。

「子どもって、案外
親が大事にしているものはわかるものですよ」

そっか・・・。
「これは我が家の大事なものだから
そして、これはガラスというものでできていて
叩くと割れちゃうから
一緒に大事にしていこう」
ということをちゃんと伝えながら暮らすという
発想に転換してみよう。
お店の人のひとことに背中を押され
無事にこのダイア柄のガラス建具は
我が家へとお嫁入りし
幸い、今のところ息子に壊されることなく
部屋の顔として佇んでいる。

そういえば以前
我が家のリノベーションの手伝いをしてくださった
デザイン会社の方が
「リノベーションスタイル」というテーマで
WEBマガジンのインタビューを受けていらっしゃったときに
我が家を例に挙げ
こんなお話をされていた。

「子どもと一緒に
暮しってなんだろうと考え、感性を育てていく。
そんな『住育』も必要なんじゃないかと思います」

幼稚園へ通い始めたら
さらにパワーアップし
第二破壊ハラハラ期に入るだろうし、
こちらの選んだ暮らし方や”家”というものの意味など
3歳の子どもに
はたしてどのくらい影響しているのかなんて
まだまだ未知ではあるけれど

なんとなく
古くて静かな家具たちから漂う
優しい息吹は
体に染み込んでいくといいなぁ
と思っている。

|

2014年2月24日 (月)

撮影

AM11:00より
我が家にて取材&撮影。
築43年のマンションの部屋を
フルリノベーションし住み始めて今年で3年。
お世話になったデザイン会社:ブルースタジオさんのムックが
5月に発売だそうで
我が家もその事例のひとつとして。

建具も家具も先にありきで
こちらのイメージをそのまま形にしてもらった我が家。
好きな物に囲まれて暮らす喜びは
それだけで幸せだったりします。
古く美しいものは、目にも心にも優しいです。

あぁ、もっともっと、いろんな空間を
大好きな古く美しく優しいもので埋め尽くしたい。


House1

|

ワークショップ

昨日友だちが誘ってくれて出かけた
帽子デザイナー:チサキノリコさん主催のワークショップ。
集まった20名ほどの人たちと
まずは映画鑑賞。

台北のカフェを舞台に
様々な人たちとの関わり、物々交換をきっかけに
姉妹の価値観が変わっていくという
ユナイテッドピープル社配給のソーシャルシネマ。
「台北カフェストーリー」。
http://www.taipeicafe.net/

人生はどんな場面においても「選択」の連続である。
私たちは、いつも選択しながら道を歩み続けている。
そしてその「選択」の基準となるのは
持っている価値観だったりする。

だから、今日はこの映画を観たあとに
その価値観について少し考え
お互いの価値観について話してみましょう
というワークショップ。

初めましての人たちと
自分の価値観=大切にしているものについて語り合うという、
なかなか経験することのない時間は
このまま飲みにでも行って
朝まで語っちゃいますか!!??
って思ってしまうくらい楽しかった。

みんな少しずつ価値観は違うようで
でも根底はやっぱり
「自分はどう生きたいか」を考えた時に必要なもの
で共通していた気がする。
少なくとも昨日、初めましての夜に語り合った人たちは。
みんなちゃんと、生まれ落ちた命を
どんなふうに生きて行こうか考えているんだなぁ。
楽しんでいる。
そんな印象。

最後は各自持ち寄った思い出の品の物々交換会。
品にはそれぞれのエピソードを添えて。


私が交換させてもらったのはこれ
Mj1

音楽には体中で反応するわが息子=おむすびくんに
ぜひ見せてみたくて。


Mjharu1

Mjharu2

案の定
DVDを観ながら体ウズウズ。
よい刺激。






|

モノたちの紹介 フラスコ

デッドストックのフラスコです。

018
019

「うすはり」のような繊細なガラスなのでとても軽いです。

まん丸な形がとても美しいので
花器などにも。

021






■「朱色堂akairodo古道具店」
180-0003
武蔵野市吉祥寺南町1-8-11弥生ビル3F
クワランカ・カフェ内
営業時間:11:30~23:00
TEL:0422-24-6455
定休日:月曜日(月曜祝日の場合は営業)
http://qwalunca.com/
http://akairodo.cocolog-nifty.com/blog/

|

2014年2月23日 (日)

モノたちの紹介 鉄瓶

小ぶりの鉄瓶をいくつか揃えました。
014


ひとつひとつ形もデザインも違います。

015

多少錆びはありますが
気になる場合は以下の手順でお手入れしてみて下さい。
___________________________

お茶の葉と水を八分目まで入れ、煮出します。
水が二分目くらいになるまで沸騰させ続け
一度お湯を捨ててください。
再び水を八分目まで入れ煮出し、
二分目くらいになったらお湯を捨てます。
この作業を3回ほど繰り返し、あとは鉄瓶をすすぎ
柔らかい布で拭いて乾かして下さい。

お茶の葉は出がらしでOKです。

___________________________

これでほとんど赤錆びは止まります。

クワランカ・カフェではこの鉄瓶で供される
焼酎のお湯割りが人気だそうです。
味がまろやかになるんですよね。

私も家では毎日鉄瓶で番茶やびわの葉茶、栗茶などを
飲んでいます。
032


いつものお茶タイムを
たまにはこんな鉄瓶で楽しんでみてはいかがでしょうか?
気分も変わって、鉄分も手軽に摂れて
一石二鳥です。







■「朱色堂akairodo古道具店」
180-0003
武蔵野市吉祥寺南町1-8-11弥生ビル3F
クワランカ・カフェ内
営業時間:11:30~23:00
TEL:0422-24-6455
定休日:月曜日(月曜祝日の場合は営業)
http://qwalunca.com/
http://akairodo.cocolog-nifty.com/blog/

|

2014年2月22日 (土)

モノたちの紹介

このブログでは
朱色堂akairodo古道具店で販売しているモノたちを
少しずつご紹介もしていきたいと思います。

お店には基本的には古いモノを置いていますが
キーワードはそのモノの持つ”佇まい”なので
昨年末マレーシアの友人を訪ねた際に
あちこち雑貨屋さんに連れて行ってもらい
そこで見つけたこんな雑貨も置いていたりします。


005

006

007

マレーシアのインドタウンのお店で見つけた
2段のランチボックス。
上の段が少し小さくなっているので
重ねた時の形が絶妙です。
今日、さっそく、
小学生くらいのお子さんを連れたママが
購入して行って下さったそうです。
(私はお店に常駐していませんので
残念ながら一足違いでお会いできませんでしたが・・・)

どんな場面で使っていただけるのか
想像するだけで嬉しいです。

自分のツボにグッときたものが
誰かのツボにもグッとはまるのは
とても嬉しく楽しいですね。

このランチボックスは、あとひとつ在庫があります。

他にもマレーシアで見つけた雑貨では
008

009
アルミの小さなミルクポットや


002

004
木の皮のひもがついた編みかごなども置いています。

ミルクポットは
ヒンドゥー教のお祭りの際に、
神への捧げものであるミルクをこのポットに入れ、
それをいくつも体からぶらさげ寺院まで練り歩くのだそうです。
その様子はかなりヘビーです(笑)。

ポット自体はとてもシンプルで美しい佇まいなので
個人的には
タレやドレッシングなどをいれて食卓で出したり
つまようじ入れにしたり
一輪挿しにしてもグッと映えると思います。

編みかごはキッチンにぶら下げて
根野菜などの収納にもいかがでしょうか。
001


これからもどんどん
どこかでひっそり眠っている魅力的なモノたちを
どこかの誰かとの「出会い」につなぐことができるような
発掘散歩、発掘旅に繰り出そうと思います。

燃えてます(笑)。







■「朱色堂akairodo古道具店」
180-0003
武蔵野市吉祥寺南町1-8-11弥生ビル3F
クワランカ・カフェ内
営業時間:11:30~23:00
TEL:0422-24-6455
定休日:月曜日(月曜祝日の場合は営業)
http://qwalunca.com/
http://akairodo.cocolog-nifty.com/blog/

|

古道具店はじめました

「朱色堂akairodo古道具店」オープンしました。

年代や国を問わず
ただその佇まいに惹かれ集めたモノたちを
少しずつ販売していますので
ずいぶん自己満足なお店ではありますが
ここから楽しい”出会い”が生まれれば嬉しいです。

人もモノもその出会いは一期一会。

ここで出会ったモノたちが
日々の暮らしを
いつもと少しだけ違う景色にするお手伝いができたら
幸いです。

吉祥寺へお越しの際は
ぜひお立ち寄りください!!


Image2a

Image1a


Image3a


Image4a


Image5a




■「朱色堂akairodo古道具店」
180-0003
武蔵野市吉祥寺南町1-8-11弥生ビル3F
クワランカ・カフェ内
営業時間:11:30~23:00
TEL:0422-24-6455
定休日:月曜日(月曜祝日の場合は営業)
http://qwalunca.com/
http://akairodo.cocolog-nifty.com/blog/

|

2014年2月21日 (金)

明日オープンです

明日、2月22日
吉祥寺の隠れ家「クワランカ・カフェ」にて
「朱色堂akairodo古道具店」を
オープンいたします。

昭和レトロな雰囲気な中
古く美しい道具たちを眺めながら
自分だけのとっておきな時間を
ゆっくりとお過ごしください。

クワランカ・カフェでは
選りすぐりのCAFE MUSIC CDや
古本も販売しています。
どれも、視聴やお席での読書もできますので
文学や音楽に身を委ねながら
たまにはゆっくり自分時間を過ごすのもおススメです。

■クワランカ・カフェ■
http://qwalunca.com/

|

トップページ | 2014年3月 »