« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

春の食卓

いよいよ出産間近となった友だちを囲んで
料理家である友だちふたりが
得意のおいしい料理を持ち寄って
我が家へやってきてくれた夕暮れ。
外は雨風吹き荒れる悪天気ではあったけど
食卓は何とも華やかな春もよう。

Shoku2

料理家のひとり
代々木上原のパン屋さんのお店を借りて
月に2度ほど夜だけご飯屋さんをやっている彼女は
この日、「My お出汁」を持参。
なんとも風味豊かなこのお出汁は
「かつお節」ならぬ「まぐろ節」だそうで
この出汁を使った水菜と油揚げの煮びたしは
絶品だった。

料理家のもうひとり
豆料理研究家の彼女は
いつも丁寧な”ひと手間”のある料理。
この日の手鞠寿司
サーモンには黒胡椒
小鯛には山椒の葉
べったら漬けにはゆずの皮
この”ひと手間”があるかないかで
味はすっかりプロの技。
う~む、思わず唸ってしまう美味しさ。

菜の花と煮てあったのは
「じゃがいもの白玉」だそうで
モチモチ好きのおむすびくんは
これをパクパク。

5月の出産を控え
妊婦ちゃんのお腹は
花開く寸前の桜のつぼみのようにパンパンで
撫で撫ですると、温度さえ感じるようになってきた。

命の息吹と美味しいご飯。

春満開の宴をありがとう。









|

2014年3月29日 (土)

概念からの解放

花椿もようの入ったガラスの豆皿
2枚がお嫁入りしていきました。

Shiseido1_2



お買い上げ下さった方が
「このお皿はどんなふうに使うんですか?」と
聞いてくださったそうです。

アクセサリー入れでもデザート皿でも
小皿使いでも
用途にルールはありません。
「こうでなくちゃ」という概念から解放されると
意外と世界は広がります。

朱色堂akairodo古道具店でご紹介する道具たちに
自由で楽しげな新しい命を吹き込まれることが
店主の何よりの喜び&楽しみです。

「こんな道具をこんなふうに使ってます」
素敵新発見はどしどしこちらにお寄せ下さい。
                            ↓
                         ★★★

素敵なアイディアはぜひたくさんの方にご紹介させてください。






■「朱色堂akairodo古道具店」
180-0003
武蔵野市吉祥寺南町1-8-11弥生ビル3F
クワランカ・カフェ内
営業時間:11:30~23:00
TEL:0422-24-6455
定休日:月曜日(月曜祝日の場合は営業)
http://qwalunca.com/
http://akairodo.cocolog-nifty.com/blog/

|

2014年3月28日 (金)

カバの飼育係

桜咲き誇る動物園
Ngy1

Ngy2

ぐーたらカンガルーに
Ngy3

ファイティングカンガルー
Ngy5


おでこにチューのロマンチックサイに
Ngy6

ひとり固まったまんまのいじけカバ
Ngy7



いかがです?
みーんなかわいいぼくの子どもたち。
Ngy8








|

2014年3月25日 (火)

スミコちゃんの思い出

実家、名古屋に帰省中。
おむすびくんを連れて出たのは
私が小学4年生の頃よく遊んだ公園。

Haru2_2

Haru1

今は真っ赤に染められている四角い家の屋根上から
この小さな富士山滑り台のてっぺんに
スカートが真っ黒に汚れるまで飛び乗って遊んでたっけ。

あれから30年以上経った今、
自分の子どもが、
私の中の遥か彼方の思い出の場所に立っている。

不思議、不思議な愛おしさ。

Haru3
30年前、道の向こうには
公園を見守るように
小さな社宅が一棟建っていて、
そこには同級生の「スミコちゃん」が住んでいて
公園で遊んだ帰りか、遊ぶ前だったか
私たちは何人かで連れだって
よくスミコちゃんの家にお邪魔したっけ。
スミコちゃんの家のおやつはいつだって
手作りのクッキーや、
そんな頃は名前も知らない甘くてフワフワの焼き菓子で
(今思えばあれはきっと”マドレーヌ”!!!)
飲み物は、ちゃんと陶器のティーカップに入った紅茶だった。
だから私の思い出の中の
スミコちゃんの家はいつも甘くていい匂い。
スミコちゃんの家のおやつを頂くのが
ひそかな・・・
いやいや、大いなる私の楽しみだった。

かわいい我が子の友だちにも
おいしいお菓子を食べさせてあげましょうって
スミコちゃんのお母さんがお菓子を焼いて
私たちを迎えてくれていたんだろうな・・・。

きっと今頃スミコちゃんも
おいしいおやつを焼くママかなぁ。

黒髪のおかっぱ頭のよく似合う
猫みたいな目をしたかわいい女の子だったなぁ。





|

2014年3月24日 (月)

クワランカ・カフェ

朱色堂akairodo古道具店をやらせていただいている
「クワランカ・カフェ」の内装は
すべてがオーナーの稲垣さんと
カフェの看板娘:えりちゃんの手作りだ。

毎日少しずつえりちゃんがトンテンカンと
椅子やテーブルを作り
出来上がるたびレイアウトが少しずつ変わって
昨日お邪魔したら
こんな素敵なひとりカウンター席ができあがっていて
思わず感激の悲鳴をあげる。

Qu1

さっそく、できあがったばかりのスツールに座り
カウンターテーブルに肘をつき
ポカポカのチャイを飲みながら
置いてあったマンガを読み漁る。

日常から
ふわりと脳も心もトリップできる空間は
はぁ~っとため息がこぼれるくらい気持ちよい。

反対側の壁にしつらえられたソファ席は
カップルにも子ども連れにも人気だそうだ。

いろいろワークショップもやっているので
ワイワイな時間も盛り上がる。

渋谷→西荻窪→吉祥寺
稲垣さんとえりちゃんが作りあげる「クワランカ」は
どこにいたって
いつだって「伝説」を生む。





★「クワランカ・カフェ」
http://qwalunca.com/

|

2014年3月23日 (日)

染めの続き

なんだかんだ遅れてしまっている
コーヒー染めの続きを鬼(=おむすびくん)の居ぬ間に。

Some2

Some3

Some1


表生地はアフリカ マリ族の泥染めの布
Doro1

この布を使って
私の知り合いの洋服作りのプロ親子:村田さんに
バッグを作ってもらい
裏地にコーヒー染めの布を使用。
この裏地には墨でもようをひとつひとつ描く予定。

朱色堂akairodo古道具店では
今後ゆっくり、こんなオリジナルのものも
置いていきたいなぁと思ってます。
(まだ、出来上がっていないけど・・・(笑))






■「朱色堂akairodo古道具店」
180-0003
武蔵野市吉祥寺南町1-8-11弥生ビル3F
クワランカ・カフェ内
営業時間:11:30~23:00
TEL:0422-24-6455
定休日:月曜日(月曜祝日の場合は営業)
http://qwalunca.com/
http://akairodo.cocolog-nifty.com/blog/

|

2014年3月21日 (金)

二つ目の卒業

そして今日は
おむすびくんが
去年の秋から通ったプリスクールの
Morning Classの卒業パーティー。
総勢約20組の親子、おじいちゃん、おばあちゃん。

ランチはポットラック形式なので
朝からジュージューとたくさんの唐揚げを揚げ、
ワサワサとたくさんのキャベツを交ぜて
友だちから教えてもらったレシピでコールスローを作る。


Junben1


いろいろなご家庭の味が楽しめて
何とも賑やかなテーブルには
ご飯もたくさん、おやつもたくさんで
子どもたちは目がキラキラ♪
Jun1


歌にダンスに楽しい楽しい卒業式。

おむすびくん
入園前にもう二つも卒業しちゃったよ(笑)



|

2014年3月20日 (木)

初めての卒業

おむすびくんは昨日、
毎月3回のレッスンで
3年間通い通したリトミックを無事に卒業した。
音楽は、
触れ合わせるのに早すぎるなんてことはないと思うし
私の育児の気分転換にもなればと
まだ1歳にもならないおむすびくんを抱え
体験レッスンに出かけたのが3年前。

結局、参加していたのは
私たちを含め3組の親子で
「あれ、こんなに人気のないものなのかな?」
と思っていたら先生が
「震災の影響でみなさん実家に帰られたりで
キャンセルがたくさん出たんです」
とおっしゃっていたのを思い出す。

そうだ、
体験レッスンはあの震災の直後だったんだ・・・。

それからしばらくして私以外の2人のママは
順番に二人目の赤ちゃんを授かって
そのままリトミックを退会。
その後は新しいメンバーが何度か入れ替わり
最後は8組の親子で賑やかに卒業を迎えた。

結局、このリトミックスクールの在籍年数も
親の歳も子どもの歳も
私とおむすびくんが長老だ(笑)。

でもね、やっぱり何が一番感激かって
3年間、ひとつのことをおむすびくんと一緒に
続けられたこと、やり通したこと。

途中、区をまたいで引っ越しをしたけど
おむすびくん父さんの多大なる協力のおかげで
通い通せたこと。

親のエゴだってなんだって
これはやっぱりとても大きい。

毎週、ピアノの生演奏に合わせて
親子で一緒に体を動かし、
歌って
踊って
走って
遊んで・・・

楽しかったなぁ。

おかげでおむすびくんは
音楽が大好きな子になった(今のところ・・・)

音楽が鳴ると体がジッとしていなくって
うたが大好きで
何だか陽気だ(笑)

NO MUSIC NO LIFE

音楽のない人生なんて!!

どうか3歳のおむすびくんの
柔らかな土に芽を出した音楽の種が
いつしかどっかり根を下ろしますように。

映画のように、
人生のいろんな場面で
自分だけに聞こえるBGMがあるのは
ちょっとばかり素敵だよ。

|

2014年3月19日 (水)

3月19日

ちょっと乳がんネタが続いちゃいますが(笑)

昨年、突然の乳がん宣告を受けて
今日でちょうど一年が経ちます。

毎年毎年、この日は
敢えてあの日のことを
あの日の気持ちを
あの日の涙を
きちんと思い出そうと思っています。

乳がんが消えた今は
乳がんのことは忘れながら
でも
健康管理という面では忘れないよう
そんな塩梅で生きる努力をしていますが

3月19日には
あの日のことをきちんと思い出すことにしています。

死を考えさせられたこと
悔しくて
悲しくて
寂しくて泣いた思いや
あの時の周りの人たちの
強く温かい言葉、顔、涙を
きちんと思い出すことにしています。

自分がこうして
元の自分に戻ることのできた今
絶対に忘れてはいけないものばかりだから。


生きている今を、目の前のものを大切に、
そして自分の体と心の声に耳を傾けながら
無理をせず、蓋をせず、
楽しみを探しながら
できるだけ笑って笑って日々暮らしましょう。
今は実感を持ってそう言えます。

|

2014年3月18日 (火)

出会い

新しい人との出会いは
人生のワクワク貯金を増やすなぁって
つくづく思う。

昨年、鹿児島での乳がん治療中に出会って
少しだけお話できた方と
東京に戻ってから初めてゆっくり
お会いして食事してお話をした。

ほぼ初めましてだから
お互いにお互いの知らないことだらけなのに
共通の話題はたっぷりある。
だから話は尽きず、今日またこうして
出会えたことの感慨も深い。

あの日、鹿児島での治療を選ばなかったら
治療の時期があのタイミングでなかったら
あの日、乳がんが見つからなかったら・・・・

きっと出会うことはできなかったと思う。

乳がんが見つかって
治療が始まる頃
自分を奮い立たせるための呪文が
「転んでもタダじゃぁ起きんぞっ!」
という思いだった。

この現実から這い出せたとき
きっと何かを手にしてやるって。

治療を終え、がんが消え
がんが見つかる前の頃のように
心身ともに健やかに暮らせるようになった今
起き上がって手にしたもののひとつが
人とのご縁だった。

あのとき確かに
同じ恐怖を抱き
そして同じ治療で一緒に闘い
同じ喜びを手にした人

お会いするまでワクワクで
お会いしてからも楽しくて楽しくて

この歳になっても
何だかどこか深いところで繋がってるような
大事な人と出会えたことに
喜びはとても大きいのです。



|

2014年3月16日 (日)

豆皿と小さな器展

友だちの豆料理研究家「豆じ」の高さんが
中目黒のギャラリー「hygge」
グループ展をやっているというので
お邪魔してみる。

「豆皿と小さな器展」

Nakame1
これは「KUUSI6」という作家さんの
色とりどりの羊毛の器。
コースターにもアクセサリー入れにもよいそうです。
どれもこれも素敵だったなぁ。

そして「豆じ」の
焼き菓子の詰め合わせ。
Nakame2

Nakame3

Nakame4
今回はこの季節にちなんで
「八重桜のクッキー」も初登場。
塩漬け花びらの風味が絶妙。

それにしても
自分がロゴを書かせてもらったから
というわけではないけれど(笑)
つくづく「豆じ」って名前、とってもいいなぁと思う。
コロンと豆のイメージが膨らんで
(高さんからもらったロゴのイメージもそうだった)
何だか名前がとても美味しそう!

豆じから生まれる、
様々な在来種の豆を使ったお料理やお菓子は
粉は地粉、
砂糖はきび糖、
塩は奥能登の塩
などなど、
体に優しくて本当に美味しい。
実際、一度食べたら病みつきになる人続出。
いつか、
豆じのお菓子やお料理がいつでも食べられる
お店ができるといいのになぁ。

彼女も、
私が才能惚れしている人のひとり。
話をしてると私の中に
ムクムクと野望が湧き起こる人のひとり。

料理に対していつだって貪欲で勉強熱心。

そうそう、私も
いくつになっても
どこまで行っても
好奇心や学びは
枯らさない大人でいたいなぁって思う。

素敵な人に会うたび思う。






|

1年のスタート

毎年
誕生日のあるこの月は
花粉症の”どピーク”で
ズルズル、ぐずぐず、ショボショボ、ハクションと
脳みそぼんやり過ごしている。
だからおむすびくん父さんが
いろいろ企画してくれる誕生日は
毎年自分で自分の体調を恨みながらも
それでもお酒は飲みたいぞ!と
鼻を詰まらせながら乾杯する。

今年は、
東京湾を望む、いつもはあまり見ることのない
東京の景色を堪能のプチ旅。

船に乗ってご飯を食べてみたり。


Inter1

Inter2

Inter3

Inter4

Inter6


おむすびくんは
船で出会った女の子と
一瞬で恋に落ちちゃったり。
Inter5

花粉の辛さも吹き飛ぶくらい
ワクワクを満喫。

生まれ変わった気持ちで
また新しい1年を生きる。
いつだって、誕生日は
リセット&スタートで
心が晴れ晴れとする。


Inter7
そうやって
のびのびと暮らしていこう!



| | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)

おむすびワークショップ

「太陽と星空のサーカス」という
前から気になっていたイベントが
PARCOの屋上にやってきたので
おむすびくんを連れて出かけてはみたものの
屋上なだけに強風にあおられ、寒過ぎて
早々に退散してしまった。
出展者の方々も凍えてた・・・。
お店も少なかったなぁ・・・。
風が吹くたび、ものがピューピュー飛んでった・・・。

それでもね
おむすびくんはこんなことにトライ!!
Parco1

Parco2

Parco3
生意気な態度・・・。

でもね
いつだって何にだって
「夢中」になる時間はいいなぁと思う。

Parco4
出来はどうあれ・・・。







|

仕込み

Kome3

Kome2

自分のお弁当用のお米は
自分で洗いましょう!

|

2014年3月13日 (木)

モノたちの紹介 鉄瓶(少し大きめ)

Tetsubin_m1

前回ご紹介したものより
すこーしだけ大きなサイズ。
小さめの湯のみに2人分くらいのサイズです。

Tetsubin_m2

こちらは錆びもほとんどなく
状態はとてもよいです。
一番左のものは少し平たくて愛嬌のある形。




■「朱色堂akairodo古道具店」
180-0003
武蔵野市吉祥寺南町1-8-11弥生ビル3F
クワランカ・カフェ内
営業時間:11:30~23:00
TEL:0422-24-6455
定休日:月曜日(月曜祝日の場合は営業)
http://qwalunca.com/
http://akairodo.cocolog-nifty.com/blog/

|

2014年3月12日 (水)

夜更けのクッキー

何十年か振りにクッキーなど焼く。
先月、おむすびくんがリトミック仲間の女の子から
人生初のバレンタインチョコをもらい
そのお返しにクッキーを焼こう!
二人で一緒に作ろう!
とおむすびくんと約束してたから。

「やさいのおやつ」というレシピ本から
「じゃがいもクッキー」。

Cookie1

Cookie2

Cookie3

夕方までびっちり外出してたので
作りはじめたのは夜・・・。
で・・・肝心のおむすびくんは
昼間のスイミングで猛烈な疲れと眠気に襲われて
生地を混ぜるのをちょっとだけ手伝って
敢え無くコロリと寝てしまった。

明日、すっかり出来上がってしまってるクッキーを見て
「ボクがやりたかった!!!」と怒るだろうなぁ・・・。
自分が寝ちゃったなんて、覚えてもいないから・・・。
また朝から闘いだなぁ。
やれやれ、気が重いぜぃ(笑)。

それにしても
夜更けのオーブンから漂う甘い匂いは
なんて幸せな匂いだろ。


Cookie1

おむすびくんがいなければ
こんな楽しいことも
きっとすっかり忘れていたなぁ。


|

モノたちの紹介 シルバーデミスプーン

Silverdemispoon2

長さ約10㎝の銀製デミスプーンです。
このサイズ、このデザイン、そして銀製。
個人的にはかなりツボ。

Silverdemispoon3

お茶タイムにはもちろん、
調味料用にも使えそうなサイズです。







■「朱色堂akairodo古道具店」
180-0003
武蔵野市吉祥寺南町1-8-11弥生ビル3F
クワランカ・カフェ内
営業時間:11:30~23:00
TEL:0422-24-6455
定休日:月曜日(月曜祝日の場合は営業)
http://qwalunca.com/
http://akairodo.cocolog-nifty.com/blog/

|

2014年3月11日 (火)

生きる指針

今日も明日も生きているということを
当たりまえのように
見落としながら過ごさぬようにと
3年前のあの日から考えるようになった。

昨年、病を経て
その思いはますます強まる。

喜びにも
楽しみにも
希望にも
つなげていきたい日々の暮らしは
まず“命がある”ということの上に
成り立っていると思うから。

与えられた限りある命を
どれだけ充実したものにするか。
”やったこと”ではなく満足度。納得度。

ここ最近は
そんなことを生きる指針にしていたりする。








|

2014年3月10日 (月)

モノたちの紹介 ガラスの豆皿

Shiseido1
長さ約10㎝のガラスの豆皿です。



Shiseido3
底に小さく花椿のもよう。

こういう”ちょっとしたこと”が好きだなぁ。


Shiseido2_2
食卓をさりげなく華やかに飾ってくれそうです。







■「朱色堂akairodo古道具店」
180-0003
武蔵野市吉祥寺南町1-8-11弥生ビル3F
クワランカ・カフェ内
営業時間:11:30~23:00
TEL:0422-24-6455
定休日:月曜日(月曜祝日の場合は営業)
http://qwalunca.com/
http://akairodo.cocolog-nifty.com/blog/

|

2014年3月 9日 (日)

盛り上がる

Bath1

”おむすびバスタイム”

|

酔いしれる

Guitar2

Guitar1

”おむすびギター”



|

セミナー

私が昨年、乳がんの治療でお世話になった
UASオンコロジーセンターの植松先生、
放射線技師:福井さん
看護師:櫻井さん
3人のお話が聞けるとても貴重なセミナーが
昨日、品川でありました。
このセミナーを主催されたのは
ご自身も3年前に
UASオンコロジーセンターで治療をされたRIPさん。
私はRIPさんのブログ
UASオンコロジーセンターの存在を知り
心から納得の行く治療に出会え
満足のいく治療結果を手にすることができました。
だから
RIPさんの役に立てることがあれば
いつだって何だってご恩返しをしたい気持ちでいるので
セミナーのお手伝いを少しでもできたことは
とてもありがたいことでした。

私の友だちも、
おむすびくん父さんの友人の歯医者さんも、
お忙しい中、足を運んでくれてありがとう。

治療中に出会い、少しだけお話をした方との再会。
声をかけて下さってありがとうございました。

RIPさんがブログで書いていらっしゃる通り
UASオンコロジーセンターでの治療を終えた日々を
心健やかに暮らし
自分自身が「生きたエビデンス」のひとつであり続けたいと
強く思った一日。


セミナー終了後
植松先生、福井さん、櫻井さん
と少しゆっくりお話ができ・・・
強い信念を持つ人は
強さと同じだけ、心持ちが実にしなやかでした。

そんな方たちに
あの日、鹿児島で
もう一度チャンスを与えてもらえた命。
私も日々、
強くしなやかな心持ちでありたいなぁと
またひとつ、生き方のお手本に出会えた気分です。

|

2014年3月 7日 (金)

いざ宝探し

Onigiri1


おむすびくんのプリスクール用のお弁当を作ったついでに
自分用のおむすびをギュッと握って
朝からいざ骨董市へ。

2時のお迎えまでに戻らなければなので
お昼もゆっくり食べるひまなく
所狭しと古道具が並ぶ会場を
端から端まで食い入るように見て回る。

楽し過ぎる2時間半の宝探し。

まだ見ぬどこかの誰かのことを
見知らぬ誰かの暮らしの景色を
想像しながら
ビビビと出会ったものを手に取る。

またゆっくり
素敵な出会いがあるといいなぁ。

少しずつまた
今日出会ったモノたちを紹介していきます。

|

2014年3月 6日 (木)

和食の魅力、そして情熱

3日に一度
どどっとたっぷりの具だくさん味噌汁を作り
3日かけて煎じ薬のように食べてます。
麦みそを続けていたけど
最近はまた地元名古屋の馴染みの味が恋しくて
赤みそ。

Miso1

昨年、乳がんが見つかって
治療を開始する頃から
私が最も改善しなければいけないのは
食生活だと自己分析し
それからは和・粗食を意識して
今では
家で食事をする時は
このみそ汁と
玄米ご飯とぬか漬けがあればホッとする。
おかげで体調と
何よりお肌の調子がずいぶんよい。

病気を機に
旅行を機に
日本食の素晴らしさを再認識した昨年。

お料理上手な友だちは今、
「出汁」の追求に夢中で
それはいつか何か彼女なりのカタチになりそうな予感。
そして私はいつかそれを何かお手伝いできそうな予感。

料理・・・は決して得意な方ではないけれど
食事の楽しみや温かみはいつもやりたいことのテーマにはまる。

人の才能に便乗するのもよしとする。

動かすのはいつだって
情熱なんだと思ってるから。


|

2014年3月 5日 (水)

鉄瓶の新しい人生

またひとつ
小ぶりの鉄瓶が
お料理上手な女性と出会い
旅立っていきました。

バーニャカウダのソースを温めておく
小さなコンロに乗せて
この鉄瓶でお茶を沸かすわ
とおっしゃっていた。

古くなってすっかり忘れ去られていた鉄瓶は
新しい彼女との生活の中で
きっとまた
イキイキとおいしいお茶を沸かすのでしょう。

|

2014年3月 3日 (月)

モノたちの紹介 鉄の入れ物

とても”表情”のある入れ物です。
灰皿に使われていたようですが
状態はとてもよく、匂いもありません。
鉄なので、ずっしりと存在感があります。

048

047

蓋が開きます。







■「朱色堂akairodo古道具店」
Image2a
180-0003
武蔵野市吉祥寺南町1-8-11弥生ビル3F
クワランカ・カフェ内
営業時間:11:30~23:00
TEL:0422-24-6455
定休日:月曜日(月曜祝日の場合は営業)
http://qwalunca.com/
http://akairodo.cocolog-nifty.com/blog/


|

2014年3月 2日 (日)

モノたちの紹介 小さなかご

紹介をここにUPする前に
お店でお買い上げいただいたモノですが
012

013

マレーシアで見つけた小さなかごです。

赤と黒のコントラストに一目ぼれ。

またひとつ、
素敵な出会いに恵まれて
お嫁入りしていきました。

|

2014年3月 1日 (土)

燭台とフラスコ

先日ご紹介した
古い木の燭台ひとつと
丸いフラスコ(小)ひとつ
お買い上げいただきました。

買って下さった方のどんな場所で
どんなふうに生まれ変わって
どんな時間を過ごすのかなぁ。

想像してまたひとり嬉しくなっています。

ありがとうございました。


|

下諏訪の旅

信州下諏訪2泊3日の旅。

Suwa1

Suwa4

以前勤めていた会社で大変大変お世話になった先輩が
長きに渡り勤められた、書籍の編集長という仕事に一旦切りをつけ
長野のご実家の旅館に戻り
若女将という新しい人生をスタートされたので
家族でお邪魔しました。

名編集者として主に女性向けの実用書で
ドシドシとヒットを生んだ先輩は
そのお人柄、人脈、仕事力、洞察力、好奇心をフル活用し、
若女将就任後まだ数ヶ月だというのに
もう何年もこの仕事をしていますという貫録で
ドシリと若女将業を担い、
グングンと旅館に新しい息吹を吹き込んでいる。

仕事ができる人は
仕事のコツを知っているから
何をやってもきっとこうしてできてしまう。

これまでの経験の生かし方を知っているから
たとえ環境が変わろうと
基本的には何も変わらないという。

素敵だなぁ。

生き方がしなやかで
素敵だなぁ。

■信州下諏訪温泉「ぎん月」
http://www.gingetsu.com/
温泉はかけ流しで24時間入れます。
湯あたりのないまろやかな泉質で
肌が嬉しいくらいツルツルに。


Suwa6

Suwa7

旅館から諏訪大社下社秋宮へは徒歩5分
Suwa11

Suwa13

Suwa14


春宮も参拝
Suwa15

Suwa16
石仏回りが楽しくってやめられない子ザル。


「ぎん月」そばの和菓子屋さん「新鶴」。
建具の木味がとてもよい。
Suwa9

目にも美しいショーケース。
Suwa10

Suwa12

買ったお菓子は
結局おむすびくんに全部取られて
食べられなかったけど・・・。


若女将さんのおかげで
のんびり散歩の温かい下諏訪の旅。








|

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »