« 概念からの解放 | トップページ | お花見日和 »

2014年3月30日 (日)

春の食卓

いよいよ出産間近となった友だちを囲んで
料理家である友だちふたりが
得意のおいしい料理を持ち寄って
我が家へやってきてくれた夕暮れ。
外は雨風吹き荒れる悪天気ではあったけど
食卓は何とも華やかな春もよう。

Shoku2

料理家のひとり
代々木上原のパン屋さんのお店を借りて
月に2度ほど夜だけご飯屋さんをやっている彼女は
この日、「My お出汁」を持参。
なんとも風味豊かなこのお出汁は
「かつお節」ならぬ「まぐろ節」だそうで
この出汁を使った水菜と油揚げの煮びたしは
絶品だった。

料理家のもうひとり
豆料理研究家の彼女は
いつも丁寧な”ひと手間”のある料理。
この日の手鞠寿司
サーモンには黒胡椒
小鯛には山椒の葉
べったら漬けにはゆずの皮
この”ひと手間”があるかないかで
味はすっかりプロの技。
う~む、思わず唸ってしまう美味しさ。

菜の花と煮てあったのは
「じゃがいもの白玉」だそうで
モチモチ好きのおむすびくんは
これをパクパク。

5月の出産を控え
妊婦ちゃんのお腹は
花開く寸前の桜のつぼみのようにパンパンで
撫で撫ですると、温度さえ感じるようになってきた。

命の息吹と美味しいご飯。

春満開の宴をありがとう。









|

« 概念からの解放 | トップページ | お花見日和 »

店主雑記」カテゴリの記事