« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月29日 (水)

ハロウィンとはいえ・・・

Spi1

Spi2

Spiharu2

どこまで行っちゃうんでしょう・・・

|

運動会と秋の弁当

先週はおむすびくん人生初の運動会。

日焼けしそうな日差しの中
眩しいほどに輝く芝の緑を駆け抜けました。


Play2


お昼ご飯は
念願のお重弁当。
Play3

Play1

子どもの頃の運動会の思い出と言えば
私の中では
ゴザを敷いてみんなで食べた
”お重”のお弁当で、
行楽や行事、家族分を用意するときは
いつも母がお重に詰めたお弁当を作ってくれて
それが、嬉しくて楽しくて・・・

だから、私は今でも重箱を見ると
運動会やら行楽のお弁当を思い出して
ワクワクしてしまう。

だからついつい我が家の棚に
重箱コレクションが増えてゆく・・・。

でもね、これが
かさ張ったり、そこまでの量が必要でなかったりで
なかなか出番がなくってね・・・。
ずっと棚の奥で眠ってた。
だからおむすびくんが幼稚園に入ったとき
お重弁当の実現を想像して運動会が
楽しみで仕方なかった。

秋の気配
秋の色
秋の匂い
外ご飯
太陽
ゴザの上
最高の条件がそろいに揃って
今でも鮮明な
嬉し楽しいお重弁当の思い出になっている。

そうだ、
今気づいたけれど
お重弁当の思い出は
いつも決まって秋の景色だ。




|

2014年10月20日 (月)

バズとミッドタウン

友だちが教えてくれた
「福光屋」さんでの金沢骨董店が
昨日までだったので
”バズライトイヤー”を連れて
六本木ミッドタウンへ。
Mid1

※昔は、こういうザ・キャラクターな服を着てる子を見ると
  「わぁ、それはないわぁ」とひそかに思ってたけど
  今や我が息子は、どんどんそっちの人に・・・
  でも、何だか本人の”なりきり嬉しそう”な様子を見てると
  楽しいならそれでいいやって・・・。
  子どもの無邪気な心は岩をも動かす!?
  偉大な力。

芝生公園では楽しいイベントしてました。
Mid2

Mid3

Mid4



Mid6
世田谷に住んでいた頃は
二子玉川の高島屋へ行くたびに
「福光屋」さんに必ず立ち寄って
お酒や酒器とともに並べられた
古道具のセレクトのセンスの良さに
鳥肌を立てていたものです。

バズさんにも分かるかなぁ・・・。









  
  

|

2014年10月18日 (土)

秋の日々

明日は
おむすびくんとどこ行こう?
おむすびくんと何して遊ぼう?

ここ最近は
ずっと毎日そんなことばかり考えてる。

何かしていなければ不安で
右や左や遠くばかり見てた
”上の空の育児”は息をひそめ、
目の前のおむすびくんとの
かけがえのない時間に
今はただ身を委ねて漂いながら
静かで深い充実感を楽しむ。

友だちに借りた
佐々木正美先生の本を読んだ後だから
より一層、その大切さを実感する。

おむすびくんと
大好きな人たちと
秋の金色を一身に浴びる。

Kinu2

Kinu3

Kinu4

季節の色や匂いを4歳の柔らかい心を持った
こどもと一緒に体中で楽しむ。

あれやこれやの過去を経て
あんなこんなな自分を経て
こんな時間が待っていてくれたのか・・・

いつも”今が幸せだ”と
思える人生は幸せだ。


|

2014年10月 7日 (火)

モノたちの紹介 小さなレンゲ

Min1

Min2

Min3

小さなサイズのレンゲ。
明の時代のものだそう。

デザートなどに合いそうです。




■「朱色堂akairodo古道具店」
180-0003
武蔵野市吉祥寺南町1-8-11弥生ビル3F
クワランカ・カフェ内
営業時間:11:30~23:00
TEL:0422-24-6455
定休日:月曜日(月曜祝日の場合は営業)
http://qwalunca.com/
http://akairodo.cocolog-nifty.com/blog/

|

2014年10月 1日 (水)

治療後1年

去年の8月に
放射線の4次元ピンポイント照射だけの
乳がんの治療を終え
そのまま無治療で過ごし1年。
昨日は鹿児島で4か月ぶり、治療後1年の検査。

結果は
再発・転移の所見もなく
その他、悪性を疑う異常集積もなし
というとてもとても嬉しいものだった。

食生活はまた少し油断してしまっているものの(^-^;
おむすびくんとの早寝・早起き、
幼稚園までの片道20分の自転車漕ぎ、
陽を浴び、緑を仰ぎ、風に吹かれの公園遊び、
友だちとのおしゃべりで美味しい楽しい時間、
おむすびくん父さんからの変わらぬエール。

ぜーんぶが強い免疫力となって
今の私の体を作ってくれている気がしている。

検査はそのたび
受験の合格発表を見に行くような
緊張感があるけれど
去年のあのとき
メソメソでオロオロでグラグラだった私を
力強くしなやかに
支え、応援してくれたすべての人に
感謝を忘れず生きるための
大切な時間でもあると思っている。

|

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »