« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月29日 (月)

映画タイトルを書くという経験

先日、書の先生にお誘いいただき、
二日間のとてもおもしろい
文字書きのワークショップに参加してきました。
日本デザイン書道作家協会主催で
映画タイトルデザイナー:赤松陽構造さんを
講師にお迎えした
「自由な発想と方法で題字を制作」
というワークショップ。

事前に課題として出された3本の映画を見て
そのうちのひとつの映画の題字を
文字通り、自由な発想で書くというもの。

墨、絵の具、クレヨン、毛筆、絵筆、
割りばし、和紙、画用紙、半紙・・・
道具は何でもいいのです。

課題映画は
「がんばっていきまっしょい」
「美しい夏キリシマ」
「終の信託」の3本。

ちなみに3作品とも題字は
赤松さんが書かれたものです。

私は「美しい夏キリシマ」と
「終の信託」を見たのですが・・・
映画はどちらも重かった・・・。

結局私は
「美しい夏キリシマ」を書くことにしました。
(「美」と「夏」が書きやすい漢字だったから(笑))

Sumi1
まえ
Sumi2

25名ほどの参加者のみなさんが
和気あいあいと、
そして私はお久しぶりにお会いした先生と
映画の感想を話し合ったり
時々おしゃべりしながら
それでも後半には夢中になって
2時間余り、文字を書き続けました。

隣で先生が
割りばしや、歯ブラシの柄や、糸(!?)で
見事な墨文字を書かれていらっしゃるのに触発され
私は刷毛の柄の木の部分で書いてみました。
Sumi3

初めて使う道具。しかも柄の部分。
筆とはまた違うニュアンスの滲みやかすれや線が
とても新鮮で、楽しかった!!

映画を見て私なりの解釈で
”血や涙や悲しみや空しさや狂気や残酷さ
すべてを抱き包んだ美しさ”
あるいは
美しさを強調することでむしろ悲しみや残酷さを
表現できたらと、こういう文字にしてみました。


2日目は
参加者全員の文字を
実際に映像に乗せてみんなで鑑賞会。

25人25色の文字があり
もう、どの方の文字も
映画に乗るとグンと映えて素晴らしかったです。

文字の大きさ、色、位置、間隔など
赤松さんがさりげなくアドバイスくださり
その通りささやかに修正しただけで
またさらに文字が題字として映え・・・

25人分の映像を約4時間見続けましたが
あっという間の時間で
とてもとてもおもしろかったです。

久しぶりに墨文字を存分に書き
尊敬する先生と机を並べて
共に学ばせていただき
映画の題字という貴重な経験のできた
本当に楽しいワークショップ。

また機会があれば
ぜひ挑戦してみたいです。

|

2015年6月28日 (日)

これから少し

去年の2月の
クワランカ・カフェさんの片隅にて
棚ひとつ分の「古道具店」をオープンします
というブログから読んで下さっている方は
とっくに気づいて
大いに「????」と感じていらっしゃると思いますが
お察しの通り、古道具店は現在、
しばらくお休みさせていただいておりますm(_ _)m

また少しずつゆっくり
古き美しき愛しいモノたちとの出会いを求め
お店でご紹介していけたらと思っていますので
そのときはまたどうぞ宜しくお願いいたします。

その代わりと言っては何ですが
この夏をきっかけに
もうひとつのささやかな活動である
「朱色堂akairodo」としての
「墨描き」の方も動き出したいなぁと
思っていますので
もしご興味いただけましたら
時々お暇なときにでも
またこのブログを覗きに来ていただけたら嬉しいです。

どうぞ宜しくお願いいたします!!

|

2015年6月22日 (月)

墨遊び

ある日曜日
朝からおむすびくんが
せっせとせっせと
ある準備のお手伝い
Sumi1

Sumi2

実はあるご縁で
とあるカフェのオーナーさんから
子どもの墨あそびワークショップを
やってみませんか?
とお声かけいただき
近々、実現するかもということになりました。

私は「書家」でもありませんし
立派な「段」や技術も持ち合わせてはいませんが
ただただ素直に「墨」が紡ぐ世界が好き
という気持ちだけは
強く持っているつもりでいるので
無限のセンスと感性を持つ子どもたちと一緒に
モノクロの世界の奥深く潜り込んで
楽しめたらなぁと思っています。

とはいえ、何人もの子どもと一緒に
ワイワイ墨あそびをやる段取りが
まだまだ掴みきれていないので
この日は
知り合いの子どもたちにご協力いただき
私の練習も兼ね
ベランダにて
「青空墨遊び」を開催。


Sumi3

Sumi4

Sumi8

黒一色の世界でも
子どもの心は柔軟に
個性豊かな線や点や絵が生まれ始めます。

Sumi5

最後はTシャツに描いて出来上がり!

私がいつも感じている、
色ではなく、
手の動き、線の種類、墨の滲み、筆の置き方・運び方で
こんなに様々な世界が広がるという感動と楽しみを
みんなが体中で感じてくれて
楽しんでくれていたらいいなぁ。

みんな、ありがとう!!!
またやろうね!!



※おまけ
Sumi6

「にんげんだもの」みたいなおむすびくんの字。
墨だと「味」が増してなかなかよいよい。

|

2015年6月10日 (水)

益子旅 「森・森・森」

今回の益子旅の宿泊先は
益子に行く時は泊まってみたいと
お気に入りに入れていた宿「フォレスト益子」
Mashiko7

Mashiko13

窓から緑を浴びる綺麗な部屋で
収納階段のあるメゾネットに
おむすびくんは大興奮。

Mashiko12
レストランからの眺めも美しく
お店の創作料理もどれもこれも美味しくて
おむすびくん父さんとふたり感動しっぱなし。
人もよくて居心地は最高によかったのだけど
途中、おむすびくんの体調がすぐれず
部屋で寝ていたいというので
私とおむすびくんは一足先に退席。
何だったんだろう・・・翌朝にはケロリとしてた。
あぁ、夫婦で
も少し飲んでいたかったなぁ。

このお宿
目玉はもうひとつあって
実はすぐ隣が森・森・森!!

Mashiko8

Mashiko9

Mashiko10

Mashiko11

Mashiko15

Mashiko16

Mashiko14

Mashiko17

ハイキング用の道もちゃんとあって
ポイントポイントにアスレチックもあって
2日続けてチェックイン後、チェックアウト後に
それぞれ違うコースを3人で
気づけば1時間半も、
飽きることなく、くたばることなく
歩き続けた。

3人でこんなに楽しめた旅は久しぶりだなぁ。

1ヶ月後また3人で
焼きあがった仮面ライダーカップを受け取りに
ここへ!!

|

益子旅 「大好きな空間」

週末を利用して
家族で益子へ1泊2日旅。

Mashiko2

Mashiko3

一番の目的は
前からどうしても行ってみたかった古家具屋
「仁平古家具店」さん。
Mashiko1

Mashiko25

Mashiko23

Mashiko24

Mashiko26

お店に足を踏み入れた瞬間に
感嘆のため息。
想像通りの本当に素敵なお店だった。
「益子店」「真岡店」「pejite」
姉妹店をはしごして
古家具・古道具のその美しい世界に浸る。
仁平さんの商品は
みなとても丁寧にリペアされているから
古いのにどの家具もどの道具も
生き生きと凛と美しい。
命がちゃんと吹き込まれている。

おむすびくんの最近ひどくごちゃごちゃしだした
おもちゃのしまい場所を
せめて大好きな古家具で落ち着かせたいと
「益子店」でちょうどよいサイズの
古引出しを見つけ、
「pejite」では、白木の棚に一目惚れ。
Mashiko27

全体にごてごてと塗られていた塗装を
丁寧にはがし取り、
素朴な白木の風合いを見事に蘇らせた
小ぶりの可憐な棚。
寄せ木の小さな花模様や、
細かい細工の金具が絶妙なバランスで
お店の一番奥に佇んでいたのに
ぐんぐん引き寄せられて
出会ってしまって一目惚れ。
ようこそ我が家へ!!

新しい仲間を迎え
この機会に家は
久しぶりのプチ模様替え。
すっきりと。

さて
私が、大好きな場所で
至福の時間を満喫している間
おむすびくんと父さんは
「小峰窯」で手びねり体験。
Mashiko4
仮面ライダーのマグカップ。
焼きあがりは1ヶ月後。

それぞれの時間を過ごし
3人が合流して向かったのは
益子へ来たらここへ寄らねば!の
「starnet」。
Mashiko5

Mashiko6

Mashiko22

Mashiko21

Mashiko20

お店の外も中も
どこを切り取っても
とびきりセンスのいい景色。
そうだ、仁平古家具店さんも
その魅力は飛びぬけたセンスの良さだ。
古いものの生き返らせ方、見せ方のセンス。

大好きな気持ちの良い空間で
たっぷりと心潤わせた益子旅一日目。

Mashiko18

Mashiko19

「ましこのマルシェ」では
地元の新鮮野菜が格安!
100円~250円くらいでこの品揃え。



|

2015年6月 2日 (火)

涼を求めて

今年最初のかき氷!!

Kori1

|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »