« 2015年9月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年10月

2015年10月25日 (日)

ジャンボにご注意(笑)

京都でお茶タイムと言えば
有名なお店のひとつが
「イノダコーヒー」。

ガイドブックではおなじみですが
行ったことがなかったので
書の生徒展にお邪魔する前の
空き時間にちょいとブレイク。

Kyo20

秋晴れの朝の中庭が
清々しくて気持ち良い。

しかし・・・
ここのジャンボシュークリームにはご注意!!
           ↓
           ↓





Kyo21

ほんとーに「ジャンボ」ですから~!!!(笑)

|

京都の宿

今回の京都の宿は
おむすびくん父さんが
思い切って町屋旅館を取ってくれました。

一度こういう宿に
泊まってはみたかったものの
じっとしていられない盛りの
おむすびくん連れでは・・・と
ずっと諦めていました。
が、
この機会にそろそろ解禁してみようと
ある意味チャレンジの宿。
洗面所、トイレが共同です。

Kyo9

Kyo10

結果・・・
我が家が古い家具だらけなので
おむすびくん、こんな雰囲気にも
変にはしゃぐことなく、寛ぎムード。
旅館の人もみな子どもに親切で
おかげで念願の町屋旅館を堪能しました。

Kyo13

Kyo14

Kyo11

Kyo15

Kyo16

Kyo18

Kyo19

私には好きなものだらけで夢のような空間。

Kyo12

朝食の美味しかったこと!!

お宿は
「十四春」さんです。
http://www.14haru.com/

|

そうだ!京都へ行こう

先週末は3人で京都へ。
Kyo1

京都で書を習っていた頃の先生から
毎年この時期に開催している
生徒展のDMをいただき
(かつては私も出品していたので
DMも毎年送ってくださいます)
久しぶりに「そうだ!京都へ行こう」な旅。

5歳のおむすびくんにも分かりやすいよう
今回の観光は
・清水寺(高い!(場所が))
・三十三間堂(たくさん!(観音様が))
・平等院鳳凰堂(見たことある!(10円玉で))

というまさにザ・京都スポット。

【清水寺】
Kyo2

Kyo3

Kyo6
釘を一本も使っていない
強く美しい木造建築の美。
何度見てもため息が出る。

Kyo7

【三十三間堂】
Kyo8
ここに、ひとりひとりお顔の違う
1000体の観音様。
静かに目を閉じ、念じ佇む姿が
お守りのように心に焼きついて離れない。
ぐるぐると巻きついて締め付けられた感情が
解きほぐれ、
静かに澄んだ強いパワーを頂いた気分。

【平等院鳳凰堂】
Kyo23_2

Kyo24
※ただお賽銭入れたい人(笑)

Kyo25

Kyo26
「この世の極楽浄土」
阿弥陀如来像の周りを雲に乗り
舞い、踊り、奏でながら飛ぶ
52体の雲中供養菩薩像は
華やかで愛らしく温かい。
音楽はやっぱりいつの時代も
人の心を慰めてきたんだな。


※売店でまんまと買わされました。
Kyo27

京都・・・
やっぱりこれからも何度だって訪れたい場所。

京都・・・
ものすごくよかった。

|

2015年10月11日 (日)

路地裏の寿司

休日の昼下がり
息子と二人
駅前の飲み屋小路の一角の
立ち食い寿司屋で小腹を満たす。
Sushi1

Sushi2

こんな感じ、なんかちょっと楽しいや。

|

2015年10月10日 (土)

結婚パーティーにて

生まれてからここまでの
毎日の暮らしの中で出会った人たちと
どんな時間をどんなふうに過ごしてきたか・・・

今の私は
そのひとつひとつで成り立っているんだなぁ

つくづく感じ入った若いお二人の結婚パーティー。

Kano8

若かりしご両親たちと映る1歳のお誕生日ビデオや
そこから始まるその他たくさんの家族写真、
友だちや仲間写真のスライドショー。
どれもこれもその瞬間をそこに一緒にいる人たちと
めいっぱい生きている写真。

そうだよね、そんなふうに
私たちは日々を暮らしてきて
ふと振り返ったときに
その一日一日が
そのひとりひとりと過ごした時間が
パーツとなって
ひとつのかけがえのない人生を
創りあげているんだよね。

今日までの過去の日々が
昨日のささやかな日々だって
今の自分の血や肉になってる。
そう思えたら、すべてのシーンが愛しくなって
スクリーンに釘づけになりながら
肩を震わせ泣いてしまった。

人の結婚パーティーで
自分の人生を思って・・・

自分の人生とはいうものの
自分ひとりで作れる物語なんて
私にはきっとひとつもないや。
誰かのことを思ったり
誰かとともに過ごしたり。
常に”誰か”とある人生。
辛かったことも愛しいと思える今があるのも
たくさんの”誰か”のおかげ。
一番近くにいてくれる家族のおかげ。

カノオくん、さゆりちゃん
温かい時間の中で素敵な気持ちを
味わわせてくれてありがとう。

せっかくふたりになったのだから
2倍楽しい人生を!
ずっとずっとお幸せにね。

頂いた月桂樹
枯らさぬよう、がんばります。

Kano9

Kano7

Kano3

Kano2

Kano4

Kano6

Kano1



|

2015年10月 1日 (木)

生きたエビデンスに

月曜日の夜は
半年振りの鹿児島。
シトシト降る雨のおかげで
今年最大と言われていたスーパームーンには
会えなかったけど・・・
翌日の、乳がん治療後2年目の
検査結果は晴れ晴れ。
画像上では体のどこにも
がん細胞は見つからず
無事クリア。
(もしご興味頂ければ
私の2年前の乳がん治療日記はこちらです。
http://anemonenouta.cocolog-nifty.com/blog/

乳がん治療を終え、無治療で2年が経ち
私は日々、元気です。

家族3人で、未来に楽しみをたくさん抱きながら、
幼稚園で気の合う友だちと毎日
ゲラゲラとワクワクと過ごす時間が
今の私には最高最良の自然治療。

私の体が欲しがっているのは
薬ではなく
きっとこういう時間なんだと信じている。

私が「真の生きたエビデンス」となり得るよう
日々、心も体も健やかに暮らすことが、
あのとき、乳がんの恐怖から救ってくれた
植松先生と技師さんたちの
この治療への恩返しだと思っている。



Kago1
検査のあとはいつも決まって
この新鮮野菜の生命力溢れるランチ。

Kago2
東京へ戻る朝は
桜島さんとテーブルを挟んで朝食。
いつも抱きしめるように両手を広げ
迎えてくれる。
ずっとずっと見守ってくれてありがとう。

|

« 2015年9月 | トップページ | 2015年12月 »